アパート・マンションのデメリット

アパートを借りる時に知っておきたいデメリット

アパートは基本的に木造や軽量鉄骨で、生活音が響きやすく、万が一火災が発生した時に心配があります。アパートは家賃が安いメリットが大きいですが、その分設備面で充実していないことも多いでしょう。耐熱性や耐震性は最新の技術が使われている物件もあり、木製だから不安ということはありませんが、万が一の時の避難ルートなどを確認しておくことが重要です。 子供がいる家庭の場合などは、下の階への振動や音が気になるというケースが多く、アパートに入居する時には環境などを確認しなければなりません。気密性が低い構造のため、夏はエアコンが効きにくく、冬は風が入ってきて寒いこともあります。設備や構造は物件によっても大きく異なるため、耐震性や音が響くかどうかなどは物件を実際に内見して確認してみてください。

マンションを借りる時に知っておきたいデメリット

マンションは、分譲向けに建てられた物件も多く鉄筋コンクリートで耐火構造になっています。壁なども厚いため、生活音が響きにくい構造ですが、設備が充実している反面、家賃が高いことが多いです。オートロックなどセキュリティが高い物件もありますが、エントランスだけのロックだけだと誰でも中に入れてしまうことも。 家賃が安い物件は、築年数が長く経過していて設備面も充実度が低いことがあります。安いと思って借りても、礼金や敷金、更新料が家賃をベースにかかるため住み続けるのにもアパートに比べて費用が多くかかることが多いでしょう。マンションに入居するためには、保証人が必要で、保証会社を利用しなくてはならないケースもあります。マンションへの入居は、ある程度資金があり、家賃や更新料を安定的に支払える人に向いています。